貸し入れとは

まとまったお金を作らなければならないという緊急事態に最適なサービスがカードローン会社を利用した借入で、今現在では多くの方が利用するようになりました。

 

私のようなサラリーマンだけではなく、専業主婦や看護師さんも消費者金融を利用している時代となり、安全に借入できるという事実が広まったからかもしれません。
確かに、一昔前は「消費者金融=ヤミ金」というイメージが強く、私も貸し入れやキャッシングに関して偏見を抱いていたのは事実です。

 

しかし、現在ではテレビのコマーシャルで流れているほど安全性が示唆されており、銀行カードローンでも消費者金融でも無理のない返済計画を立てていれば怖い人から貸し入れや取り立てが来ることはないでしょう。

 

金銭を貸したり取り立てたりすることを貸し入れと呼び、銀行カードローンや消費者金融を利用する私たちの立場からすると借り入れる形となります。
業者側の立場に立つと利用者に貸し入れる形となり、一定額を貸し付けて金利分を貰うことによって儲けているのです。

 

ヤミ金でなければカラス金のような暴利な金利が設定されることは100%ありませんし、急に出費が増えた時に役立ちます。

 

身内などに借金を申し入れるという選択肢はあるものの、30代にもなって親に頼るのは恥ずかしいはずです。
男性は特にプライドが邪魔をしますし、「自分の力でこの苦境を何とか乗り越えたい」と考えることが多く、消費者金融からの借入を選択するのかもしれません。

 

ただし、お金を貸し入れる業者は現在では非常に多く、今直ぐにお金を支払わなければならないと切迫している状況で、安易に選んで融資の申し込みをするのは避けるべきです。

 

金利や年利に関しては業者によって大きな違いはありませんが、「借りる」こと自体が悪いわけけではなく、「無計画で借りる」のは避けた方が良いでしょう。
自分の収入や年収を考慮して計画的に借り入れなければならず、毎月迫ってくる返済に追い込まれるような状況を作らないことが大事なのです。

 

もちろん、この点に関しては貸し入れる業者もきちんと把握しており、消費者金融や信販クレジットでは年収の3分の1以上は借り入れることができない総量規制という法律が定められております。

 

年収の3分の1でも個人によっては大きな額となりますし、事前の計画も無しに限度額いっぱいまで借り入れるのは危険です。
利用の仕方さえ間違えなければ消費者金融は心強い味方となるので、申し込む前にどのような使い方がベストなのか考えてみてください。