事業資金が返済できませんでした

主婦でも借りられるローンについて

主婦でも借りられるローンがあるのかどうか、疑問を抱えている女性は多いかもしれません。

一般的にカードローンでキャッシングするには安定した収入が必要となり、主婦や無職の人は審査に通りにくいという特徴があります。
現に、私も何社か申し込んでみたものの全て落とされてしまったので、主婦でも借りられるローンは存在しないと考えておりました。

しかし、専業主婦や無職など仕事に就いておらず無収入の方に関しては、総量規制の関係で原則的に融資ができない決まりとなっております。

債務者への過剰な貸し付けを避けるために設定された法律が総量規制で、年収の3分の1を超える額の借入ができないのです。
例えば、年収が300万円の方が消費者金融やクレジット会社を利用して借り入れる場合、その3分の1の100万円が限度だと設定されております。

一方で銀行カードローンの場合は銀行法が適用されているので総量規制の対象外となっており、収入のない専業主婦でも申し込みは可能です。

私が申し込んだ銀行カードローンでは、限度額が50万円ならば申し込みでき、主婦でも借りられると評判なので利用者は多いかもしれません。
消費者金融では申し込み自体を断られてしまうため、銀行カードローンの利用は選択肢の一つです。

ただし、収入が全くない専業主婦の場合、銀行カードローンによっては審査に通るために配偶者の安定した収入が欠かせない項目の一つと設定されております。

とは言え、夫が安定した収入を貰っているのならば同意書や配偶者側への確認は不要で、インターネットを使って調べてみると他の業者も同じような感じでした。
そのため、「主人や家族にバレずにこっそりと申し込みがしたい」「専業主婦でも内緒でキャッシングできるサービスを利用したい」という女性に適しております。

配偶者の同意を取ったり勤務先に連絡がいったりという心配は一切ありませんが、今考えてみると夫の了承をきちんと取らなければならないと感じました。

勝手にカードローンを作ったということで夫婦の関係に溝が生じるケースもありますし、切羽詰った生活を打開するためには家族一緒に今後のことを考えていかなければならないのです。
現在では即日融資が可能な業者も増えており、簡単にキャッシングできるので便利な時代になりました。

それでも、これから夫に内緒でカードローンを作ろうと考えている専業主婦は、本当にその選択肢で良いのかどうか見つめ直してみてください。