事業資金が返済できませんでした

水商売の借入について

キャバクラ嬢や風俗嬢など、水商売の仕事をしている女性はカードローンを使って借入できるのか疑問を抱えているかもしれません。

クラブやスナックといった仕事も水商売の一つで、夜の接客業に就く若い女性は近年になって増えております。
どんな理由で水商売を始めたのか個人によって異なるものの、私の場合は何となく大学生の時に気分で始めたのがきかっけで、現在ではお水の花道海道まっしぐらです。

「キャバクラ嬢や風俗嬢はお金を稼いでいるから借入の必要はないのではないか?」と一般人は考えるかもしれません。

しかし、キャバクラにしても風俗にしても様々なお客様を相手にしなければならず、ストレスを発散させるためにお金を使うことが多く、私はキャッシングを考えていました。
確かに、他の職種と比べると水商売はカードローンの審査に通りにくく、安定した収入が得られないのが大きな理由となっております。

お店のナンバーワンで指名率が高ければ毎月安定した収入を得ることは可能ですし、キャバクラ嬢の相場は時給2,500円~3,000円程度なので収入的には十分です。

それでも、私のようにあまり頻繁にシフトに入っていないと収入が安定せず、カードローンの審査に落ちる原因となります。
そこで、水商売をしている女性には消費者金融がおすすめで、収入さえあれば主婦でも借入できるので水商売でも働いていれば審査に通りやすいはずです。

銀行カードローンは銀行法の適用で年収の3分の1を超えないようにする法律の総量規制に関係なく借入が可能で、消費者金融は総量規制に則らなければならないというのが大きな違いなのではないでしょうか。

高額の費用を借り入れたいのならば銀行カードローンを利用しなければなりませんが、総量規制が設定されていない代わりに審査が厳しくなっております。
私は趣味に使用する一時的なお金を借りたかっただけなので、金利が少々高い代わりに審査の甘い消費者金融に申し込んだのです。

水商売にしてはあまり収入が高い方ではありませんでしたが、そんな私でも審査が緩いと評判だった業者では何とか通りました。

水商売でも法人として経営している点では一緒ですし、「○○○の職業では借入不可能」という法律はないので安心です。
キャバクラ嬢の場合は夜に働いて朝や昼間に寝る生活スタイルが続き、店舗へと足を運んで書類を書いて契約する時間がないかもしれません。

しかし、今ならばどの消費者金融でもWeb上で24時間いつでも申し込みが可能なので、パソコンやスマートフォンで手続きをしてみてください。